害虫駆除ならおまかせ

危険性を回避する

応相談

ハチの危険は増えてくる

日本では、地方の過疎が進む一方で、新たなニュータウンが次々に建設されていっております。そのため、これまで雑木林であったようなところが切り開かれていっています。そこに住んでいた蜂は何とか生き延びるために、人間との共存を図っていることから、生活する上で、バッティングすることが増えてきています。そのため、蜂の活性が高まる夏場から秋にかけて、蜂の被害がよく聞かれています。これまで蜂が身近にいることに慣れていない人の多くは、どうしてよいかわからないまま、放置してしまい、巨大な蜂の巣を目にして初めて駆除が必要なことに気が付く、といった状態です。こういったことは今後も増えることが予想されており、駆除についての知識を持っておくことは重要です。

蜂の駆除の方法について

蜂の駆除の方法については、普通に生活していても紹介されていることは少ないものです。まず、簡単な方法ととしては、自治体に相談してみることです。自治体ごとにその対応は違っておりますが、サービスの充実して多るところでは、家まで来てくれて駆除作業を行ってくれます。また、そこまでしてくれない場合でも、駆除用の防護服を無料貸し出ししているところもあります。高所作業になると、しっかりとした足場の確保が必要となるために、自分での駆除は難しくなるため、こういった場合には、専門業者に依頼するのが確実です。自治体では、駆除業者を紹介してくれている場合もあるので、どちらにせよ、まずは自治体に連絡して相談してみることです。